水上デッキの完成です。室内からの眺めはとても最高です。
デッキの下部にはコンクリートを打ってあるので湿気がこもらず快適です。
デッキ全てを覆うテラスの屋根は強い日差しを遮る熱線遮断ポリカ材を採用しました。


デッキ用のステップが、メーカーからも出ていますが、勾配が急なので現場あわせで作りました。
踏み代を広く取ることで上り下りが楽に出来ます。
デッキは東洋エクステリアの樹の木Ⅱで床板にビスの出ない仕上げにしました。
手摺はバルコニー用の手摺をオータムブラウン色に特注し、取り付けました。


昔からある池に合わせてデッキやテラスの足は、土間の上や水中に配置しました。



庭にデッキとテラスが完成し、仕上がりにとても喜んでもらえました。
そして、工事着工時から気になっていた玄関側の相談を受けました。
階段の横についているのは「スロープ」なんだそうです。Tホームの営業さん曰く。
宅内は足が不自由になってきたお母さんの為にバリアフリーに気遣い建てた家の玄関がこの作り。
予算的な部分での駆け引きがあったのか知りませんが、これは常識的にあんまりです。
階段は元の状態に戻すことにしました。
Tホームさんも展示場をどんどん建てるより、営業マンのお客さんへの思いやりを教育してほしいものです。

スロープというより、スキーのジャンプ競技の滑走台を思い浮かべるの私だけでしょうか。

階段は元通り復旧し、別にスロープを設けました。
スロープの仕上げにはゴムチップの樹脂塗り仕上げを使いました。(商品名 チップロード)
ゴムチップならではの滑り難さ(靴に密着する感じ)
また、万が一転倒したときの衝撃緩和に役立ちます。
スロープの淵は車椅子のタイヤが落ちないように少しだけ上げてあります